こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

あなたとアスリートの違いシリーズの【休息】についてお話していきます!

 

アクティブレスト(ActiveRest)という言葉を聞いたことがありますか?

スポーツ選手だけではなく、あなたにもメリットをもたらしてくれると思いますので、これからご説明いたします。

 

 

アスリートは休みがない!

この言葉は良く耳にする事があると思います。

特に実業団に属している選手は仕事と練習をしていますので、休みが取れない状況があるかもしれません。

しかし、アスリートの場合に多いのが、午前中の練習後はオフが以外にあったりします。

 

オフの時に行う休息方法で最近、主流になっているのがアクティブレストです!

 

アクティブレストとは?

自分のやっている競技とは別のスポーツを行ったり、競技の動きとは違う動きをやってみることです。

例えば、ヨガやピラティスなどゆっくりとした動きを行うトレーニングをあえて行いリフレッシュを狙う方法や自分の内側に意識を向けてメンタルヘルスを行うなど目的に応じた使い方ができると思います。

他にもタラソセラピーなどの海水を用いたリラクゼーションを行い、身体のケアをしたりするアスリートもいるようです。

 

単純に気分転換のランニングでも効果があります。

 

アクティブレストは、何がいいのか?

アクティブレストのメリットとは、リラックスが出来ることです。

普段から緊張を強いられるアスリートは、交感神経が有利になりすぎるため身体の疲労が抜けにくい状況が起こりやすくなります。

アスリートは、結果次第での報酬やメディアでの影響など考え出すとキリがありません。

ストレスも多くなりやすい選手も多いように思います。

 

 

アクティブレストはアスリートだけのモノではない。

ストレスを抱えているのアスリートだけじゃないよ!

その通りです。むしろ一般の方がストレスに悩まされることが多いのも現状です。

暴飲暴食や多飲酒、喫煙過多など健康を害してまでストレス解消を行い、ギャンブルにハマるケースもあるようです!

 

単純に気分転換を行う事が目的でリラックスをするのであれば、トレーニングをするだけも大いに効果があります!

激しいトレーニングではなく、ゆっくりとしたウォーキングや楽なペースで行うランニング。先ほども例にあげたヨガやピラティスなどのリラクゼーションをする時間を作る事が大切です。

 

ちなみに私のアクティブレスト方法は、

軽い重量で行うウエイトトレーニングを中心に筋肉へ刺激を与える方法と朝夕のヨガで心身のリフレッシュをすることが多いです。

晴れている日はロードバイクに乗って海沿いをサイクリングすることもあります!

リフレッシュやリラックスの方法は人それぞれですので、自負にあった方法でやってみて下さい!

ひたすら寝るだけが休むことではありません。

 

あえて、身体を動かし血液を体中に巡らせ、

固まった筋肉や切り替えがしにくい自律神経を楽にしてあげる事も運動で可能になるのです。 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します