こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

食欲の秋ということで、

美味しい食べ物の誘惑が多い季節がやってきました。

 

甘いお菓子や脂の乗ったお肉など誘惑が絶えませんね。

しかし、今年のサンマは例年に比べ、

小ぶりで出荷量も減っているそう。

 

旬なだけに残念です。

 

 

 


体重が増えなくて困っています。

贅沢な悩みだ。羨ましい。と様々な意見があると思いますが、

悩んでいる人は真剣に悩んでいるのです。

 

三食のご飯の量を増やしても、体重が変わらない。

 

健康診断で痩せすぎている。

といわれ頑張って食べても太れない人はいらっしゃいます。

 

遺伝的なものと体質が大きく影響していると

考えられますが、

食べ物自体が、野菜中心のベジタリアンだったり、

自分では食べているつもりでも超がつく少食だったりもします。

 

あとは、食べ物を分解する能力が非常に優れている腸内細菌がいるなど

様々な要因があるでしょう。

ちなみに、大食いのギャル◯根さんは、何十万人に一人の腸内細菌がいるおかげで、

たくさん食べても太らないんだとか。

 

逆をいえば、太りたくても太れない体質なんです。

 

 

こんな特殊な事例は少ないと思いますが、

今回は、呼吸を変えることで太りやすくなる体質作りをお話しします。

 

太るための呼吸とは?

ズバリ、口呼吸です!

とにかく酸素を身体に取り込むことで、太りやすい身体になります。

 

ポイントは呼吸の数をたくさん増やすこと。

 

呼吸の数を増やすことで、

自律神経が乱れ、満腹中枢が麻痺し食欲が増します。

 

たくさん食べられる体質へと変化させることが可能になります。

 

 

ただし、体質はすぐに変わるものではないので、

1か月〜2か月は期間が少なからず必要だと思います。

※元に戻す場合も同様の期間が必要になる場合があります。

 

食事の回数と量はどちらを多くしたらいいのか?

理想はどちらも多くできたら太れますが、

なかなか出来ないのが現状だと思います。

 

出なければ、そもそも悩んでなんかいないはず!

 

体重を増やすことが苦手な人は最初に食事の回数を増やすことがオススメです。

量を増やせば体重はもちろん増えますが、

食べれない人がほとんどを占めていると想定し、

今回は回数を増やすことをご提案します。

 

回数を増やすことにより、絶えず消化・吸収が行われ、

身体はエレルギーを蓄えるために脂肪を作ります。

これを利用し、太る身体が出来上がります。

 

理想は、3食から5食に増やすことですが、

いきなりは厳しいと思います。

 

なので、2週間おきに1食づつ増やすことをオススメします。

 

こうすることで、身体にゆっくりと慣らしながら、

身体を作っていけるのです。

 

無理に増やすと胃腸の負担も増えてしまうので、

呼吸で体質を変え、食事も徐々に増やすことが一番安全な方法だと思います。

 

 

もちろん、目標体重や体脂肪になったら、

呼吸を元に戻していくことも必要です。

 

そのまま太る習慣を長く続けたり、放置していると

肥満や糖尿病などの病気になることがありますので、

しっかりと計画を立てた上で改善を行っていきましょう!

 


 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。