こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

街中で姿勢が悪い人を多く見かける今日この頃ですが、姿勢が悪いの共通点があります。

 

さて、それはなんだと思いますか?

 

 

私の指導を受けている人は、

すぐに分かると思います!

 

 

ズバリ、

答えは呼吸です!

 

なぜ、呼吸と姿勢の悪さが共通してくるのか?

 

今回は、呼吸と姿勢のお話をさせていただきます!

 

 

呼吸筋=姿勢筋

呼吸に関係する筋肉は、姿勢を保つ筋肉とほぼ同じです!

ただし、

呼吸には、吸う・吐く!という2つがあり、使う筋肉も変わります!

姿勢筋は、呼吸で使われる筋肉をほぼ全て使って姿勢の維持を行うのです。

 

姿勢を保つためには、呼吸を上手く出来るようになる事が必要です!

 

 

呼吸で十分な筋肉は、横隔膜!

呼吸トレーニング法やヨガ、ピラティスを受けた事がある人は、耳にする機会があると思います。

最近は、メディアでも横隔膜が大事!

重要だ!と目にする機会が増えてきていると感じます。

 

呼吸は、1日に2万回以上行っています。

1分間に約14回前後の呼吸ですね。

 

 

横隔膜は、肋骨とお腹を区切る様に筋肉が付着しています。

イメージは、ハンモックの様なものです。

 

息を吸うと、肺は膨らみ、横隔膜が下がります。

横隔膜が下がると、お腹が膨らみます!

一般的に【腹圧が高い】と呼ばれる状態になります。

 

呼吸をする際は、胸とお腹が同時に膨らませる事ができると正常な呼吸ができていると思います!

 

 

呼吸が出来なくなる原因は?

呼吸は、姿勢が悪いと正常に出来なくなります。

呼吸が出来なくなる姿勢は、

猫背が、一番多いです!

 

これは、背筋や胸筋が固くなり、

肋骨が前に飛び出してしまい(肋骨が開きすぎる)、横隔膜がぴんと引っ張られて本来の動きが出来なくなる事が原因です。

 

 

呼吸が正しく出来なくなると起こる事!

呼吸の回数が多くなったり、口呼吸をしてしまうと起こることは、沢山あります。

多くの人に当てはまる事が、いくつかご紹介していきます。

 

・首がこる!

・姿勢が悪くなる!

・疲れがとれにくくなる!

・カツレツが悪くなる!

・イビキをかく!

・鼻がつまる!

・肩が痛くなる!

・股関節が痛くなる!

・集中力がなくなる!

・イライラする!

・トイレの回数が増える!

・食欲が増す!

・虫歯になりやすくなる!

・めまいを起こす事がある!

・頭痛が出やすくなる!

・身体が固くなる!

・判断力が低下する!

・身体の安定性がなくなる!

 

などなど。

 

呼吸が正常に出来なくなると沢山のデメリットがありますが、

呼吸を上手く出来るようになるとこれらの問題は、解決することが出来るようになります!

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します