こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

ちまたで話題になっている【姿勢改善】や【骨盤矯正】ですが、何で必要なのか。

疑問を持ったことはないでしょうか?

 

姿勢が悪いとあなたにどんな不利益があると思いますか?

 

みんな何気なく口にしている

姿勢悪いよ。

とか

姿勢改善しましょう。

という何故?

 

をお話させていただきます。

 

 

よく耳にする正しい姿勢とは?

正しい姿勢と言われる姿勢ですが、特に定義があるものではありません。

強いて言うなら、可動域が正常にあり、

運動や動作を行う際に関節が痛みや違和感など問題なく動けば大丈夫です。

 

 

 

姿勢が悪いデメリットとは?

イメージしやすいものから言うと疲れやすくなります。

これは呼吸が浅く多くなるからです。

詳しく言うと、

筋肉を動かす為には、少なからず空気が必要になります。

つまり、呼吸は大事だということ。

 

次に姿勢が悪い為に起こることは、

集中力が低下していく。

ということです。

これも呼吸が関係していますが、

姿勢が悪いと気道がつまり、呼吸の室が低下します。

 

そうすると、脳への酸素量が減ってしまい、

注意散漫になってしまう。

ならびに血管を圧迫してしまうことから、

脳への栄養素でもあるブドウ糖が供給されなくなってしまうことにあります。

他にも自律神経の乱れもおこりますので、

これだけが原因ではありません。

 

 

 

姿勢が悪いと身体が痛くなる?

街中で見ることが多いと思いますが、猫背の人いませんか?

スマホを見ながら背中を丸くして歩く人は、首にスゴく負担をかけてしまいますので、首・肩の痛みや肩こり等を引き起こしてしまいます。

 

会社のデスクでPC相手に仕事をしている方は、首を前に突き出し、背中から骨盤までを丸くしていると腰に負担がかかりますので、

腰痛を引き起こしてしまいます。

 

負担がかかるのはわかるけど、

肩の痛みで言うなら四十肩や五十肩、

腰痛で言うならヘルニアや分離症、

ひざ痛で言うなら膝関節変形症や軟骨損傷など。

 

起こる原因は様々です。

しかし、

関節の炎症が引き起こされる原因は、

関節のスペースが狭いまたは、当たっているということです。

 

 

私が指導している呼吸トレーニングは、

空気圧を利用して、身体の骨格を本来の位置に戻すトレーニングです。

 

簡単にいえば、

【自らの内側から行う姿勢改善】です。

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。