こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

ダイエットでよく耳にするのが【カロリー】ですが、

本当にカロリーだけ計算すればキレイに痩せることはできるのでしょうか?

 

脂肪燃焼に必要なカロリー

体脂肪を1kg燃やす為には、約7200㌔カロリー必要だと言われています。

成人の男女で基礎代謝は、1000~1600㌔カロリーなので、7200㌔カロリーは結構大変な数字に見えると思います。

実際に脂肪だけを何㎏も落とそうと思うとかなりの努力が必要になります。

カロリー制限や糖質制限などで食べたいけど我慢している人も少なくはないでしょう。

 

 

 

カロリーよりも食品が大事?

食品のほとんどに存在するカロリーですが、カロリーよりも食品の持つ各々の個性を活かす事が重要になります。

脂肪になりやすい食品と脂肪を減らしやすくなる食品があります!

脂肪になりやすい食品は、文字通りの油ものです。揚げ物やバラ肉、ベーコン、油、ドレッシング、ナッツ類、アボカド等。

見るからに油物と分かる食品とナッツ類やアボカドは野菜に分けられるので脂肪になりやすいとはあまり考えないと思います。

 

 

逆に脂肪になりにくい食品とは、食物繊維を含む野菜類です。つまり、フルーツやイモ類、大豆以外の豆類などを含まないものです。

 

野菜は何がいいの?

野菜というよりは、食物繊維の多い食品が好ましいのです。

毎食8g以上を一番最初に食べることで腸にある脂肪をつくる働きをもつホルモンを抑制すること事ができます。

効率的に脂肪を付けずにダイエットをしていく事ができます。

ちなみに食物繊維の多い食品は、玉ねぎがオススメです!

丸ごと一個を使ったスープ等で8g以上になりますので、お試し頂ければと思います。

飽きるのであれば、肉じゃがやシチューなどの煮込み料理に入れると美味しく食べられますよね!

とりすぎは、食前にサラダを食べるようにしていきましょう!

 

 

トレーニングの時も野菜がいいのか?

これは少し食品を変えます。

 

大豆製品がポイントになります。

 

豆腐や豆乳、枝豆、大豆由来のプロテイン等をトレーニング前後に取ることで筋肉を維持するタンパク質を取ることができ、脂肪を燃やす働きを同時に行ってくれます。

 

 

果物は身体に良いのは皆さんご存知だと思いますが、ダイエットだけに関していうとパートナーとは言えないかもしれません。

 

何故なら、

果物は炭水化物よりも3倍脂肪に変わりやすい性質を持っているのです。

言い方を変えれば、エネルギーを速く消費すれば最高のトレーニングの補助をしてくれる食品ですが、運動をしない場合は、脂肪に変わる二面性を持っている食品なので、使い方には注意しましょう!

 

 

カロリーばかりを気にせずに食品の個性を活かした使い方を考えてみるのも面白いかもしれませんね!

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します