こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

今回はデスクワークをしている方に多い悩みでもあります

【姿勢が悪くなった。】

【身体が疲れやすくなった。】

という姿勢に関するお話をさせていただきます!

 

 

デスクワークの姿勢とは?

デスクワークの姿勢は、首が前に飛び出て、背中の骨が平らか丸くなっており、骨盤が後ろに倒れている状態になっています。

 

デスクワークの人にありがちな症状

・肩こり

・首こり

・腰痛

・背中の張りや痛み

・目の疲れ

・アレルギー性鼻炎

・足のむくみ

・足がつる(こむら返り)

・冷え性

・頭痛

・眠気

・睡眠の質の低下

・いびき

・口の渇き

・慢性的な疲労困憊

・イライラする

・集中力がない

・関節の動きが悪くなる

・身体の柔軟性が低下する

・判断力が低下する

・口調が荒くなりやすい

・日中に眠くなる

 

 

などなど。

いくつくらい当てハマりましたか?

 

ほぼ全てに当てハマってしまう方は、姿勢に問題もありますが、

日々の呼吸のやり方にも問題があるケースがとても多くあります。

 

なぜ?

呼吸が乱れるのか?

 

これは、

横隔膜と呼ばれる肋骨の内側にハンモックの様に付着している筋肉で、

呼吸を行う際に活動を行います。

息を吸うと横隔膜は、お腹の方に下がっていき、お腹が膨らみます。

息を吐く際は、横隔膜が肺から空気を押し出す為に上に上がっていきますので、お腹が凹みます。

 

しかし、

【背中が丸くなる】または、【まっすぐになる】と肋骨が開いてしまうので、横隔膜のハンモック状になっていたものが、ピンっと張った状態になってしまい、呼吸が浅く多くなってしまいます。

 

呼吸の数は少ない方が健康にいいというデータがでていますので、なるべく少なくしていく事が理想です!

1分間に5~10回を目安に行ってもらうのがベストです!

 

ちなみに、

呼吸が多い人は、1分間に14~20回ほどで行っていますので、機会があればご自分で呼吸の数を数えてみてください!

 

 

姿勢が良いと何ができるのか?

よく耳にするのが、姿勢を良くしましょう!

と言われていますが、

姿勢を良くすることで、何がいいのか?

 

簡単にいえば、

姿勢が悪かった時に出来なかった事が無理なく行う事ができる!

というメリットがあります。

 

例えば、

猫背の人は、手を挙げる時に背中の筋肉と肩の関節にロックがかかってしまい、硬くなっている状態です。

 

でも、

姿勢が良くなることで、同じ動きをしても無理をしなくてよくなります。

 

つまり、

楽に身体を動かし、仕事やスポーツを行う事ができるわけですね!

 

どうせ同じ事をするのなら、

無理なく出来るようになりましょう!

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。