こんにちは

福岡市・糟屋郡粕屋町を中心に『100年歩ける身体作り』を目指し活動しております

福岡初!膝の痛み改善専門ほりもとパーソナルトレーニングスタジオ
代表兼パーソナルトレーナー

堀本 高良(ホリモト タカヨシ)と申します。

 

春の暖かさを感じることが出来るようになってきた今日この頃ですが、

この時期から夏に向けてダイエットを始める人が多くなってくる時期ではないのでしょうか?

 

 

そんなあなたにダイエットを無理なく、

成功させるポイントがありますので、説明していきますね。

 

 

ダイエットを失敗しないための食習慣!

ダイエットは、理想的な食べ方があります。

朝1:昼3:夜1の比率が黄金比になります。

 

エネルギー消費が少ない

朝と夜は少し減らして食べ、

 

エネルギー消費が多くなる日中は、

多く食べるようにすることで、

 

仕事や運動に集中力を持続させる事が可能になります。

 

炭水化物は、少しずつ減らしていく食べ方がオススメです。

糖質制限は、0にするのではなく、

通常の3割程の量を最低限摂取するのがいいでしょう。

 

目安は、日中に眠気があるかどうか。

炭水化物が足りていない状態の体は、

脳の機能が落ちるので、

眠気が生じてきます。

なので、

日中、眠気に襲われない程度の炭水化物は、

摂取するようにしましょう!

 

食事は、過激な制限はオススメ出来ません。

なぜならリバウンドの危険性が高まるからです。

 

※食事は、最低2週間続けてみましょう!

徐々にならしていくことでリバウンドのリスクを抑えることができます。

 

 

急激な減量はNG!

昨日まで普通に食べていた食事をいきなり減らしてしまうのは、とても危険です。

食事を急激に減らしてしまうと、脂肪を溜め込みやすくなる体質に変わってしまいます。

 

とあるデータでは、2日以上の飢餓状態が続くと脂肪を溜め込む体質に変わり、筋肉の減少が生じてきます。

 

ダイエットは、体脂肪を落とし、筋肉を増やしていくのが理想ですので、

食事は3食きちんと食べる+運動が一番です。

 

 

野菜と炭水化物の使い方!

炭水化物は、太るから食べない。

そんなイメージを持っているかも知れませんが、実際はダイエットに欠かせない存在です。

筋肉を増やしていく過程で、炭水化物は無くてはならない大切な栄養素です。

これは、インスリンというホルモンを利用して筋肉を作るからです。

 

筋肉の元でもあるタンパク質も炭水化物がなくては、上手く筋肉の中に入ってくれないので炭水化物+タンパク質が必要になります。

 

 

脂肪を燃やす栄養素は、

野菜に含まれる食物繊維によって行われます。

食物繊維を8グラム以上毎食取ることにより、身体に脂肪を蓄えようとする働きを抑えることができます。

 

筋肉を増やすためには、

炭水化物+タンパク質!

 

脂肪を減らすためには、

野菜に含まれる食物繊維!

 

これらをバランス良く食べる事によって、

効率的にダイエットが可能になると思います!

 

少し、曖昧な表現になりますが、

腹8分ではなく、

 

腹6分目に感じる程度で留めておく事が

理想ですので、ダイエットに興味がある方は実践してみては、いかがでしょうか?

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!
これからも皆様に価値ある情報をお伝えできるようにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します